SponsoredLink

介護保険とは

寿命が長いとされる日本。高齢化社会はこれからの問題でもありますよね。病院などへ行くと朝早くから、本当に大勢のお年寄りを目にしたりします。すごいな〜などと言っているうちは蚊帳の外のような気持ちですが、自分にも必ずやってくる未来と言えます。自分も年をとるのもそうですが、その前に家族の中に、高齢者が増えてくるのも事実ですよね。若い若いなんて思っていた親も、自分が年をとるスピードと一緒に年を重ねるわけです。その高齢化社会に重要なのが、介護保険の制度ではなかと思います。

その昔は、専業主婦となっている人が、親の面倒を見るのが当然のような時代でしたが、やはり時代は変わります。働く女性も増えて、女性は専業主婦というのは当てはまらなくなってきました。プラス男性と同じように仕事を持つ女性も増えています。
もともと介護とは家族で見るもの・・・と言う意識が強かったように思います。介護保険の重要性が、もっともっと、この先は出てくるのかなと思うのです。介護される人も、介護される側もストレスが少しでも少なくならなければ、高齢化の社会を乗り切るのは大変なことですよね。

そこで介護保険が大切になってくるのですが、この介護保険の意味合いは、みんなで介護しましょうというコンセプトかな?と思います。今まで割りと閉鎖的だった介護ですが、介護される状態になっても、誰かに依存することなく自分の力で生活しましょうと促しています。その介護を必要とする人が、自分の力で生活できるように、社会全体で協力していきましょうという考え方です。
逆に言うと、一人ひとりの負担を少なくして、気負うことなく生活しましょうと言えるかと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5319507
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック