SponsoredLink

介護 保険 特定 疾病

なんやかんやと高齢化社会の日本。寿命も長く、とてもいいことではあります。やっぱり長生きしてほしいし、いつまでも一緒にとも思います。ただ、長生きしても元気でいてほしいと願うのも、仕方のないことかもしれません。
介護に当たる人の、家族の負担は予想以上に大変です、大変だと思います。それが、期限付きではないので(当たり前ですが、相手は人間ですので)想像を超える長い戦いになるかもしれません。

そんな中に介護保険の制度があるわけですが、介護保険という名前は聞きなじみあっても、詳しい内容となると、イマイチよくわかりませんよね。高齢者に支給される保険のことかな?なんて思う程度です。
原則、介護保険は65歳以上が対象になっているようです。今は65歳といっても、とても若い方が多いですが、対象となるのは65歳以上の刀のです。逆に、それ以前でも介護を必要とする人もいるでしょう。そこで、でてくるのが介護 保険 特定 疾病と呼ばれているものですね。
なんらかの理由で65歳より前(40歳〜65歳未満が対象)に介護保険が必要とされるかたに適用されるものです。身体的・精神的に介護が必要と判断された場合で、他にも具体的な病名もあがっています。介護 保険 特定 疾病を必要、認定されるのは次のような疾病に当たる方のようです。

一般的に老化からきているとされる、認知症やアルツハイマー、最近、時々聞くことがあるパーキンソン病、脳梗塞などの脳の病気など、調べてみると聞いたことのない難しい病名もあります。たとえば、脊椎小脳変性症などもそのうちの一つですよね。
他にも糖尿病からくるものなど、さまざまな介護 保険 特定 疾病がありますので、調べてみると割と役に立ちそうです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5319515
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック