SponsoredLink

介護保険と被爆者

介護保険といえば40歳以上は加入する義務が発生して、収めているものですね。ゆくゆく自分に介護が必要になったときの事を考えると、強制的な加入も仕方ないかなと思います。
一般的な方はもちろんですが、これは被爆された方も同じ制度のようです。会社に勤めていれば、健康保険で支払われているし、国民健康保険の人も、介護保険料が加わった金額を納めることになっています。割と詳細などを確認することは少ないので、知らず知らずに加入していると言ってもいいかもしれません。

さて、介護が必要になったとき、一般の人たちは1割を負担して、介護保険を活用することになります。これは原則、65歳を超えて、介護が必要になったときに支給される仕組みですね。そして被爆者のかたは、この部分が被爆者手帳にて、免除になることが多いようです。支払いは一緒だけども、介護保険を使うときに、違いが出てくるという事になります。

いざ、介護が必要になった場合、自分の管轄の市区町村に申請します。もちろん、介護を受けることになった方が、市区町村に行かれない場合もあります。そのときは家族の人でも大丈夫です。ここで、どの程度の介護が必要かを判断して、支給されることになるわけです。レベルがあるので、それは確かめてみておくことが必要だと思います。
レベルで言うと、介護支援と介護要の2つに分かれているところも、気になるところです。介護保険法の改正により、今まで介護要だった人が、介護支援程度に認定されることも多いようです。自分が家族がどの範囲に入るのか、当てはまるのかでも、介護保険の支給は変わってきます。ここが重要だといえるでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5319529
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック