SponsoredLink

介護保険保険カテゴリの記事一覧

介護保険サービス

介護保険の介護保険料率のアップや、介護保険の制度の改正により、介護保険が割りと身近に感じるようになりました。介護保険はどうも、介護が必要になったときに考える介護保険のような気がしてしまいますが、考え方も変わり「介護を必要としないための努力のため」という前向きな感じですすんでいるようです。やはり自分のことを考えても、介護を必要とするときのためよりも、介護を必要としないように〜の方が気分的に楽な気がします。家族にも負担がかかるような気もしますし。

市区町村で管理や運営をされている介護保険ですが、本当にさまざまなサービス?があります。介護保険サービス、調べてみると面白いですよ。出来れば自分の住んでいるところで最後まで行きたいな〜と思う方が多いと思います。自分のすんでいる市区町村でも、ホームページなどで案内しているところが多いようなので、そこを覗いてみるだけでも価値はありそうです。

65歳が対象とされていますが、40歳〜65歳未満の方でも、老化が原因と見られる介護保険特定疾病に該当すれば、介護保険を受けられます。国が決めている疾病が16項目あります。それについて学んでおくだけでも違うかなと思います。
40歳以上の人は、保険料を納める義務があります。そして、介護を必要として、介護保険のサービスをお願いしたときには、1割の負担で介護サービスを受けることが出来るわけです。老後になって、高額な医療費を負担するのは、考えただけでもゾッとします。そう思うと健康なうちに、収めることで自分のときも活用できる考えであれば、不安も少なくなりそうですね。

まずは、自分の住んでいる市区町村の介護保険サービスについて、学んでみることが一番だと思います。

介護保険とは

寿命が長いとされる日本。高齢化社会はこれからの問題でもありますよね。病院などへ行くと朝早くから、本当に大勢のお年寄りを目にしたりします。すごいな〜などと言っているうちは蚊帳の外のような気持ちですが、自分にも必ずやってくる未来と言えます。自分も年をとるのもそうですが、その前に家族の中に、高齢者が増えてくるのも事実ですよね。若い若いなんて思っていた親も、自分が年をとるスピードと一緒に年を重ねるわけです。その高齢化社会に重要なのが、介護保険の制度ではなかと思います。

その昔は、専業主婦となっている人が、親の面倒を見るのが当然のような時代でしたが、やはり時代は変わります。働く女性も増えて、女性は専業主婦というのは当てはまらなくなってきました。プラス男性と同じように仕事を持つ女性も増えています。
もともと介護とは家族で見るもの・・・と言う意識が強かったように思います。介護保険の重要性が、もっともっと、この先は出てくるのかなと思うのです。介護される人も、介護される側もストレスが少しでも少なくならなければ、高齢化の社会を乗り切るのは大変なことですよね。

そこで介護保険が大切になってくるのですが、この介護保険の意味合いは、みんなで介護しましょうというコンセプトかな?と思います。今まで割りと閉鎖的だった介護ですが、介護される状態になっても、誰かに依存することなく自分の力で生活しましょうと促しています。その介護を必要とする人が、自分の力で生活できるように、社会全体で協力していきましょうという考え方です。
逆に言うと、一人ひとりの負担を少なくして、気負うことなく生活しましょうと言えるかと思います。